シアトル支店のコロナウィルスによる近況報告

公開日:  最終更新日:2020/03/20

いよいよアメリカにもコロナウイルスが大変な勢いで広まっております。

その第一発祥地であるワシントン州カークランド市は、当社のシアトル支店があるレドモンド市の隣町です。

シアトル/レドモンド/カークランドを含む一帯をキング郡と呼びますが、この地域はインズリー州知事の16日の記者会見で3月31日までレストラン等における店内飲食禁止や娯楽施設の営業停止等を含む措置を発表しました。

また州民に対して不要不急の外出を控えるよう求めました。

学校を始め、レストラン、ジム、床屋、コーヒーショップ、すべてが閉店しており、出前、またはピックアップのみが許可されています。

現在のところ住民はできる限り自宅待機し、外出した場合は、お互いに6フィート(1.8㍍)の距離を置かなければなりません。

シアトル支店はへ車での通勤なのでこの処置には該当せず通常のキッチンの受注・発注を受けています。

シアトルは交通渋滞ではアメリカ内ワースト10なのですが車はほとんど走っていませんし、平生にぎわっているダウンタウンには人っ子一人いません。

シアトル支店の近況

シアトル港の日本向け輸出用倉庫は問題なく可動はしていますが、スタッフはマスクをして検品作業を実施していますが、各自離れての検品となりますが差ほど影響はありません。

しかしアメリカ政府よりアメリカ・カナダ間の国境は商業・貿易以外は渡航禁止発表があり、キッチン工場があるカナダ・バンクーバーからのトラックドライバーもキッチンの引き取り、荷卸しには細かなチェックポイントがあるために時間がかかっています。

また中国からの出荷が滞っていたのでアメリカでの輸出用コンテナ不足でブッキングがとてもシビアになっております。

シアトル支店ではメリットキッチンのコンテナをいつもよりも早めに港に出して、ロールオーバーを避けています。

日本の皆さんのリクエストに応じて早めの出荷を心がけていますが、いつものようにぎりぎりで何とか間に合わせるという技が使いにくい状況です。


しばらくは少し長めの納期で対応していただけると助かります。

またメリットキッチンを引き続きよろしくお願いいたします。

シアトル支店長より