【最新】人気のグレー色の輸入キッチン実例

公開日:  最終更新日:2019/01/07

今アメリカで一番人気のキッチンの色はグレーです。輸入キッチンを販売していてグレーのドアを希望されるお客さまは近年本当に多くなってきました。今回は横浜・山手でメリットキッチンを入れていただいたお施主さまの実例です。

|グレーカラーのキッチンのコーディネート

アメリカではグレー色をグレージュ(grege)と呼んだりしています。 グレーと言っても薄いグレーから濃いグレーまで色の濃淡は様々で、部屋の明るさや住人のライフスタイルで濃さは決まってきます。 北向きで暗めの台所やクローズドのキッチンは明るめのドア、オープンで開放的なアイランドキッチンなどは濃いグレーが好まれるようです。

|グレーカラーのキッチンのコーディネート

インテリアについて最新のデータでは洋風デザインを好まれる居住者の方が増えているようですが、洋風と言ってもホワイトを基調としたフェミニンなコーディネートも良いですが、アーバンな(都会的な)シックで大人の色使いであるグレーも人気があります。 それでは、グレー色のキッチンの場合天板や壁面はどうしたらよいのでしょうか? こちらがその実例ですが、天板はキッチンドアより濃い(黒に近いが黒じゃないところがポイント)クウォーツカウンターにしました。 人工大理石でも良かったのですが、人工大理石だと素材感が甘めすぎ少しソリッドにしたかったからです。 タイルもグレーで。ツルピカタイルじゃなくコンクリートに近い素材感のあるものを選びました。 食器洗い機はドイツのボッシュ。 ミーレの食器洗い機と迷いましたが、デザインと機能を比べてみてボッシュをお薦めしました。 ガスコンロがノーリツのハイカロリーコンロ、レンジフードがアリアフィーナとすべてステンレスカラーのだったので機器はすべてステンレスでまとめた方が良いと思った事が1点。 また、ボッシュはあのガゲナウの親会社にあたり機能もガケナウの食器洗い機と遜色ないもので、輸入食器洗い機の短所である食器の乾きにくさを克服した「ゼオライト」という機能でミーレより乾燥に有利です。

湿気を吸着すると熱を発生する特性を持つ鉱物、ゼオライト。洗浄時は庫内温度を高め、乾燥時は食器や庫内から放出される湿気を吸収して食器を素早く乾かし、交換や補充の必要がなく、いつまでも美しい仕上がりを保つ。 ※特許番号:CN101657139B, DE502008001337D1, EP2146616B1, US8353991, US8691026
  洗面化粧台はコーラー社の洗面ボールを2つ。 天板はデュポン社の人工大理石のマーブルデザインのものを選択。鏡も特注で壁面ピッタリサイズで作成し枠にはキッチンドアと同色の塗装で仕上げました。