最新NYスタイルのキッチンはオーセンティックなモノトーンで

公開日:  最終更新日:2019/08/29

今回は最新NYスタイルのキッチンを参考にしたキッチン実例です。

キッチンは各国・各時代で流行があります。これはその時代の世相が反映されるのはアパレルにも通じる所です。

現在繁栄を続ける米国などはオーセンティックなインテリアが流行中。オーセンティックとはトラディショナルで、 保守的で高級イメージであり正統派感覚を抱くアダルトを対象としたスタイルを指す言葉です。

特にアメリカ経済の中心地ニューヨークは、このオーセンティックなスタイルが席巻していると言っても過言ではないでしょう。

住宅インテリア、レストランやショップなどの商業施設などにおいても高級で都会的なコーディネートが満開です。

モノトーンでまとめたキッチン

ニューヨークスタイルのキッチンは最近ではモノトーンでコーディネートされたものが多くなっています。

扉は当然ホワイトですね。

アメリカンキッチンの框扉色はホワイト系が主流です。若い方などはネイチャーカラーなどの中間寒色を選んだりしますが、ラグジュアリーになるほど、ホワイト系が多くなります。

また、ニューヨークのアパートメントなどでは、都会的要素を加味しツヤありのヨーロピアンな仕上げも増えてきました。

今回お引渡しが終わったこちらのキッチンも扉はホワイトのツヤありのGlossyな仕上げです。

ワークトップはクウォーツストーンの黒系を採用。

クウォーツストーンは表面に光沢があってとてもきれいですね。人工大理石と違って傷がつきにくいこともメリットの1つです。

ハンドルはアメリカから取寄せたアンティークゴールドのハンドルがアクセントになっていますね。