栃木県で海外製のキッチンを取り付け

公開日:  最終更新日:2019/08/03

先日栃木県で海外製のキッチンの取り付け工事をしました。キッチンは勿論メリットキッチンになります。サンタ通商のメリットキッチン販売網は北海道から九州まで日本全国になります。

システムキッチンの取り付けになれているビルダーならキャビネットと天板のみ、キチンとしっかりした取り付けがご希望なら材・工で承っています。

キッチンドアのアンティーク仕上げとは?

こちらのキッチンはエアルームコレクション内になり、框ドアの入り隅にハンドメイドで着色する当社オリジナルのオプション仕様になります。

框扉のデザインを強調させ高級感とアンティーク感を表現できます。

価格も標準キャビネット価格の15%アップになりますが、熟練した職人が1日に1物件のドア塗装がやっとの手間暇がかかる仕上げです。

  

ドアに合わせてハンドルも当社シアトルオフィスで買い付けてきたブロンズ色のハンドルをコーディネート。

引き出しはハンドル、開扉はノブといった組み合わせもアメリカキッチンの基本スタイルです。

ペニンシュラタイプのキッチン

キッチンレイアウトはペニンシュラ型。幅は3メートル、奥行きは90センチのキッチンと2メートル60センチのカップボードはオープンなLDKで存在感抜群です。

パナソニックのIH、コーラー社製のホーローシンクとシャワー水栓にパナソニックのアルカリ浄水器もつけました。

またシンクキャビネット横に引き出し式の大きなスライドゴミ箱を配置することによって手元で簡単にゴミを分別・廃棄することができます。

このように本格的な輸入キッチンはデザイン・機能もさることながら、仕上げも様々なものがあります。

「輸入キッチンは大都市圏だけで地方だと購入出来ないんじゃない」といった心配や、工務店や設計事務所が「国産キッチンの方が値引きが大きくて安くなりますよ」といった誘惑もありますが、そもそも海外製のキッチンを選ばれるお客様はエリアや金額について然程心配されていない方が多いように感じます。